就活中の女子大生と出会い系で会ってみたらまさかのリクルートスーツだったw

今回、出会い系サイトのJメールで捕まえたのは、女子大生は女子大生でも一風変わった女子大生。

就職活動中のリクルートスーツ姿の女子大生!

ガッツリスーツを着ている女の子って、実は一度も関係を持ったことがなかったんですよね。なので、貴重な経験ができました。

就活のストレスで出会い系に登録した女子大生をゲット!

Jメールは比較的若い女の子が多いイメージなので、女子大生とか遊んでるギャルとかと遊びたい時によく使ってます。大抵が軽い感じのプロフィールの中で、一際眼を引くプロフがありました。

「私の長所は物事をなんでも前向きに考えることです。」

「私は会話の中から相手の求めていることを引き出し、それに対して適切に対処することができます。」

か、固い……。なんか就活の自己PRに近いなと思ったら、プロフの最後に「就活ストレス溜まる!」と書いてありました。なるほど、そういうわけか。

「プロフが面白かったのでメール送ってみました」と声を掛けてみると、自己紹介文よりもずっと砕けた調子の返事が、サナエちゃんから届きました。

「……? そんな面白いこと書いてましたっけ?」
「いかにも自己PRって感じがしてww 就活のし過ぎかな?w」
「あー、ほんとだ笑。毎日エントリーシート書きまくってるので、その影響ですかね」

就活の先輩(年齢は28歳)としてアドバイスでもしようかという体で、ラインを聞き出しました。まあ実際、少しは力になれたらなと思ってはいたのですが、

本当の目的はもちろん女子大生とセックスすること……ッ。

とはいえ、相手は就活中なので、あまり時間がない。しばらくはラインだけでのやり取りが続きました。

「今日は飲みたい気分! 今ならビールも飲める気がする!笑」
「おー。なら飲む? 仕事終わるし、会いに行けるけど」
「ほんとにー? なら新宿はどう?」

チャンスっていつ転がってくるか分かりませんよね。速攻で残った仕事を終わらせて、新宿に向かいました。

待ち合わせ場所に現れたのは面接帰りのリクスー女子大生ww

時間も時間だったので、家で着替えてからくるのかなと思ったら、

上下黒の爽やかリクルートスーツ姿で来たww

思ったんですけど、リクルートスーツって色気ないですよね。中途半端な丈のスカートがいけないのかな。あれならもういっそのことピッシリとしたズボンの方がスッキリする気がする。

リクルートスーツを着ると、大抵の子が地味めになっちゃう不思議。多分、普段着とかだともっと可愛いと思うんですけどねー、サナエちゃん。眼は大きいし、肌もキレイだし。

新宿駅からほど近いチェーンの居酒屋に、俺たちはいました。疲弊しまくったサナエちゃんが「早く飲みたい」と言うので、挨拶も適当に切り上げて、そこらへんの店に入った感じです。

ストレスからか、はたまた元から弱い体質なのか、開始20分ほどで既にしたたか酔いの回った彼女に、俺は聞きました。

「無駄にムラムラはどうしてるの? 彼氏と発散?」
「彼氏なんていたら出会い系なんてやってないし!」
「じゃあセフレとか」
「私そんなに緩くありませんー。あーでも、そういうの今は欲しいかも……」
「おー。じゃあ俺、立候補してもいい?ww」
「内定くれたら考えるー……」

そんな権限は俺にはない。それからしばらくグラスを傾け続けていましたが、そのうち本格的にサナエちゃんの意識が濁ってきました。明日も面接あるとか言ってたし、帰した方がいいなあ。そう思って店を出たのですが、

「あ、やばい。吐きそう……」

サナエちゃんからまさかの一言。まじかい、と思って辺りを見回しても店はなく、あるのはラブホテルばかり。いつの間にやらホテル街に迷い込んでいたのでした。とりあえず近くのホテルに入り、「トイレだけ貸してください」と言うと、受付のおばちゃんが、

「トイレは部屋にしかないんだよねー。部屋を取ってもらうしかねー」

と完全に足元を見た発言をしてくるので、仕方なく俺はパネルを押し、金を払って、サナエちゃんを部屋へと連れて行ったのでした。

出会い系にいる女子大生はセフレにちょうどいい

ラブホテルの一室で「おげえええ」という吐瀉音を聞く場違い感。ようやく戻ってきたと思ったら、そのままベッドでぐっすり眠りこける女子大生を見下ろす虚しさ。俺は思いました。

地味なリクルートスーツ姿じゃなかったら襲ってたな、こりゃ……

リクルートスーツに感謝。危うく強姦犯になるところだった。出会い系で会ったからって寝てる相手とヤルとかだめですよ。後日、警察から連絡くるかもしれませんからね。マジで裁判沙汰になりかねませんよ。

とりあえずメモを残して、俺は部屋を出ました。いっしょの部屋にいるだけで危ないしね。明日、仕事あるし。

翌日の昼過ぎ、サナエちゃんからラインが届きました。

「面接ブッチしたんだけどーッ! 起こしてよッ!」

知らんがな。と思ったのですが、そのままの勢いでその日の夜も飲みに行くことになりました。さすがに二日連続はあれだなあと思ったので、

「じゃあホテルで飲むのはどう? ストレスもムラムラも解消できて一石二鳥!」
「内定くれるの?」
「はいはい、俺のセフレに内定ってことでよろしくどうぞ」

こんな適当な感じでいいのかなと思いましたが、まあ女子大生は適度な身持ちの軽さがウリの存在でもあるので、その日はセックスをしました。間にエントリーシートの記入を挟みながら、もう何回戦か。

なお、翌日は土曜日だったのでそのままホテルに泊まったのですが、サナエちゃんは面接があるらしく、朝早くに出て行きました。

ラブホから就職面接に直行って、どうなんだよ……

その後もサナエちゃんとのセフレ関係は続いていますし、他にも女子大生のセフレを何人か抱えています。少女みたいに初心ではなく、かといって大人のように駆け引きを要求するわけでもない。女子大生って、ある意味セフレにちょうどいいんですよね。

けれど、最近の女子大生が軒並み可愛いのは事実なんですが、リクルートスーツだけはやめておいたほうがいい。地味過ぎて、あれは性欲が沸かない。もし就活中の女子大生に出会ったら、

「お願いだからリクルートスーツだけはやめて」

とこう言いましょう。